スライスの原因と対策/手を動かした方向の逆にヘッドが動く法則w

スライスの主な原因は2つ。カット軌道とフェースオープンです。

ゴルフクラブは、長くて、重さがかたよっていて、ヘラみたいな突起がついているし、とてもバランスが悪い道具です。

物体が運動をするときには、重心を中心に動きます。

猫が高いところから飛び降りる時や、ブーメランなどのモノを投げた時など、外側はぐるぐる回転したりしますが、重心自体は、きれいに放物線を描きます。

ゴルフクラブも同様に、重心を支点にくるくる回ります。

手(グリップ)を目標方向に加速させて飛ばそうとすればするほどヘッドは後ろに動き、ダフリたくないと思って、手(グリップ)を上に上げれば上げるほどヘッドは地面に向かってさがりますw

手(グリップ)をインサイドアウトに動かそうとすればするほど、ヘッドはアウトサイドインのカット軌道を描きます〜

 

ダウンスイングのデリバリーポジション(P6)の位置にある手(グリップ)は、インパクトにかけてカカト方向に動きます(上にも動きます)。その逆に、ヘッドはアウトに出て、かつ、地面に向かいます。

 

P6 デリバリーポジション
P7 インパクト