スライスの原因と対策/ゴルフクラブは右に出っ張っているのでスライスしやすいって本当なのか??

スライスに関連した疑問です。一般に、ゴルフクラブは、シャフトに対して右側(ヘッド)が重い構造になっているので、フェースが開きやすく、スライスしやすいと言われております。

それって本当なのか? 正解は不明でございます。申し訳ございません。

ただ、私の考えでは、右側が重いと、逆にスライスしにくい(フックしやすい)と思うのです(超初心者さんを除く)。

クラブを高速に振ると、遠心力により、クラブの構造物(グリップ、シャフト、ヘッド)が一直線上にならぼうとするはずです。

遊園地の巨大なブランコのような遊戯がぐるぐる回ると、徐々に上昇していく動きと同じです。

 

右側が重いクラブヘッドも同様に、遠心力が発生している方向に並ぼうとするはずなので、シャフトがしなってヘッドが左側に動くと思います。

その動きは、フェースが閉じる力につながっているので、逆にフックしやすい気がするのですがいかがでしょうか・・?

初心者さん用のドライバーは、重心深度が深いことが多いですが、それも、ヘッドが閉じやすく、かつ、ロフトが上を向きやすくするためにそうしていると思うんですよね〜

 

 

FFとRRのクルマを比べて、どちらがスピンしやすいかと言ったら、もちろんRRなので、進行方向の後ろが重い方が(ヘッドが右にでっぱってるいる方が)、フェースが返りやすくてスライスしにくいというお話です。