スライスの原因と対策/アベレージゴルファーのスイング分析1

 

典型的なアベレージゴルファーのスイングを分析いたします。

アドレスはとてもバランスが良いです。

 

テークバックで、手が浮いてアウトに上がっておりますが、インサイドにあがるよりは良いです。

 

P2ポジション。ややクラブがアウトにあり、高くあがりすぎですが、フェース角も良いです。できれば、手でクラブを操作する(持ち上げる)イメージを減らしたいところです。

 

シャフトが縦に上がっているので(グリップエンドの延長線がボールの内側をさしている)、フェースローテーションも少なくて良いです。腰と肩の回転も、腕と肩で作る三角形もGood。

 

P3ポジション。ヘッドがグリップエンドのアウトサイドを上がっているのが良いです(ループ軌道になっている)。

 

トップの位置がこのコマにおさまっていれば良いのですが、手でクラブを持ちげる感覚が強いと、もう1コマ進んでしまい、オーバースイングになりがちです。
グリップエンドの位置が、後方から見て、爪先とカカトの間の延長線上にきているのが良いです。

 

P4トップから切り返しにかけて、ややクラブヘッドが真上に上がり気味なのが気になります。手でクラブを持ち上げて、手で振り下ろす意識が見え隠れしております。


後方から見て、テークバックのヘッド軌道(青い点線)よりも、ダウンスイングのヘッド軌道(赤色)は、インサイド側(かかと側)を通したいです。

 

 

クラブヘッドの軌道(赤色)が、グリップエンドの軌道(黄色)のアウトサイド(つま先側)をおりているのが大問題。プロ上級者は、例外なく、グリップのインサイド(かかと側)をヘッドが通過します。

 

クラブヘッドが、グリップの軌道に引き寄せられている(逆パッシブトルク)。ヘッド軌道(赤色)が、グリップ軌道(黄色)方向に引き寄せられている。(掃除機の手元を引いた方向に、掃除機本体が引き寄せられるのと同じ。フェースが開く方向へのパッシブトルクも受けてしまう)


プロ上級者は逆に、ヘッドが、かかと側から爪先側に引き寄せらるので、インサイドからヘッドをボールに向かわすことできる。

 

ヘッドが、グリップ軌道の延長線上方向に遠心力を受けているため、ヘッドが飛球線後方(目標方向反対)側に放り出されている。切り返しから、ヘッドを爪先方向に出し、最短距離でヘッドをボールに向かわせようとしたにもかかわらず、逆パッシブトルクの働きにより、遠回りをさせられている。
トゥが、遠心力方向に押し出されており、フェースがボール方向を向かない(開いてしまう)。

 

ヘッドが遠回りをしているため、体の回転を止めて、手で強引に押さないとヘッドがボールに届かない。
ヘッドを上から下方向に動かしているため、逆に、グリップが上昇し(クラブの重心を支点に、ヘッドとグリップが互いに回転するため)、手元が浮いてしまう。

 

体の回転が止まり、手で打ちにいっているため、手が体を追い越してしまい、手の行き場がなくなり、左肘が引けてしまう。
アーリーリリースでコックの開放がはやいとダフってしまうため、腰を伸ばしてボールまでの距離を遠くすることでダフリを防止している。

 

フィニッシュは、なにごともなかったかのように、おへそが目標方向を向き、右の足の裏が反対側を向いており、かっこいい雰囲気をかもしだしております。これもアベレージゴルファーの典型的なパターンでございます 笑

 

オーバースイングからのアーリーリリースで、アウトサイドインのカット軌道でクラブがおりてきております。
体の回転を止めて、ハンドレートのすくい打ちでフェースをスクエアに合わせることで、なんとかボールをまっすぐに飛ばしているものの、手の行き場がなくなりチキンウィングになっております。

アマチュアにありがちなスイング(ダウンで、ヘッドがグリップのアウト側をおりるスイング)を根本的に修正するには、3年ぐらいかけてじっくり治す必要がありますが、さすがに3年というとひかれるのでw、「修正するのに、最短でも1年はかかります」と説明すると、まず間違いなく驚いた表情で「いちね~ん!!??」といわれるのが毎回のパターンでございます。