スライスの原因と対策/腰を開く(腰を開く(骨盤の回転、ボディターン、ヒップターン)

スライスの主な原因は2つ。カット軌道とフェースオープンです。

スライサーの方の多くは、切り返しでヘッドが爪先方向に出てしまいます。右手が上の「上回りスイング」をしており、体の回転を止めてインパクトをむかえている方が多いです。

上回りは、アウトサイドインの軌道になりやすいので、そのヘッド軌道の状態で腰を左に開くと、ボールが左に飛んでしまいがちです。

前回は、腕の回転方向を、上回りから下回りに変更する話をさせていただきました。

下回りは、ヘッド軌道がインサイドアウトになりやすいスイングです。下回りができたら、次は腰を開いて、体の向きを左(目標方向)にむけることができます。

腕の回転を下回りにし(イン・アウト)、腰の開き(アウト・イン)を合成することで、インサイドインのボールが打てるイメージになります。

腕の下回りと腰の開きの組み合わせで、ぜひ、スライスの原因の1つである「カット軌道」を撲滅してください!

野球のバッティングやピッチング、テニスのストロークも、腰を目標方向に向けて出力していますし、ゴルフも、腰を目標方向に向けてスイングするのは合理的だと思います。

ただゴルフの場合は、地面の上に止まっているボールを打つ制約があるのが、他のスポーツとはちょっと事情が違うんですよね・・・