スライスの原因と対策/向心力と遠心力の綱引きで、フェースをスクエアにする(スイングレフト)

 

スライス対策には、カット軌道とフェースオープンの改善が必要です。

インパクト付近で手を加速してしまうと、慣性の法則により、ヘッドが後ろに置いてきぼりになってフェースが開いてしまいます。

ヘッドを上から下にたたきつけるようなカット軌道でスイングすると、プレーンが縦(アップライト)になり、横方向(爪先方向)への遠心力が発生しにくくなります。

ダウンスイングで右手が上のイメージで振ると、ヘッドが、グリップエンドよりもアウト側(爪先側)を下りてしまい、パッシブトルクが「逆」向きに発生するため、フェースが開いてしまいます。

これらを解決するためには、3次元的に(3軸に分解して)クラブを操作する必要があります。

・アルファトルク:グリップスピードを減速させて、ヘッドが目標方向に進む慣性力を与える。

・ベータトルク:切り返しで、下回り(後ろ倒し)方向にクラブを回すことにより、インサイドからヘッドをアタックさせる(合わせて、腰を左に回してインサイドイン軌道にする)。

・ガンマトルク:左手の猫パンチによりシャフトを回転させてフェースを閉じる。

ダウンスイングで、下回り(後ろ倒し)にスイングすることで(ヘッドがグリップよりもインサイド(カカト側))、パッシブトルクが適正に働き、ヘッドがアウト側(爪先側に)放り出されるように動きます。

そして、インサイドからボールにアタックすることで、横方向(爪先方向)に遠心力が発生し、合わせてグリップを自分の体の方向に引っ張ります。

グリップを体の方向に引っ張り(スイングレフト)、遠心力に対抗するように向心力が発生し、ヘッド軌道に対して垂直方向に釣り合いがとれフェース面が安定します(トゥ側の遠心力とヒール側の向心力がつりあう)。

左手の猫パンチでインパクトすることで(親指を右に向けたままインパクトするイメージ)、フェース面が必要以上に閉じすぎない点も、このスイングのメリットの1つです。

 

回転ブランコのイメージで、遠心力と向心力がつりあい、フェースがスクエアになる。