タイガー、右方向を不安げに見ておりますw

タイガー、右方向を不安げに見ておりますw

 

(昨日の続きです〜)

 

タイガーウッズも、けっこうすっぽぬけて、右の林に打ち込んでおります。

そもそもゴルフの「振り遅れ」ってなんなんでしょうか・・?
手が遅れているのに、「右」に飛ぶのっておかしいと思います。
普通に考えると、腰(と肩)が先行して(左を向いて)、手が遅れてインパクトをするならば、ボールが左に飛んで行きそうなものです・・

 

■アマチュアのスイングの実像

そうは言いながらも、アマチュアのほとんどの人は振り遅れていると思います

超上級者以外のアマチュアのスイングは、以下の様な流れてになっております。

①90%ぐらいのアマチュアは、アウトサイドからクラブが下りてきております。
・上からクラブが下りてくると、重力の影響が強くはたらいて、トゥダウンが大きくなってしまいます。
・そのため、フェースの先っぽにあたって、力のないコスリ球が右のほうに飛んでいきます。
・暫定策として、「アウトから遅れて下りてくるクラブ」をなんとかインパクトしようと、体の回転を止めて、右手で打ちにいきます
・腕のローテーションもおさえて(左に飛ばしたくないから)、すくい打ちのぽっこん球になってしまいます。

②10%弱ぐらいの自称上級者様は、極端にインサイドから打ちにいきます。
・いわゆるフックで飛ばす打ち方で、イザというときにちーぴんが出てしまうようなパターンです。
・ダウンスイングは、トップから、背中の方にクラブを落としてきますので、下半身リードでは打てません
(体が先行して回ると背中の方にクラブを落としにくくなるからです)。

 

■振り遅れを防ぐために腰を止めるのは本末転倒

アウトサイドインの人も、超インサイドアウトの人も、さかのぼってスイングを見てみると、振り遅れていることが分かります。

そのため、振り遅れに対処するために、腰の回転を止めて、上半身だけで打ちにいっているわけです。
上半身だけで打つスイングは、「ベランダに干した布団をぺしぺし叩くようなスイング」ですから、物理的に振り遅れることはありません。

(「下半身の動きに対して、上半身の動きが遅れること」を振り遅れというのですから、「下半身が止まっていれば、上と下とでタイミングがくるうことはない」という理屈でございます。回転軸が2本(上半身・下半身)あるからタイミングがズレるのであって、上半身だけが回転するのでしたら、振り遅れることはありません。遅れる対象がないからです)

では、なぜ大多数のアマチュアが振り遅れているのか・・?
その根本原因や抜本的な対策につきまして、明日以降に続きます〜

 

■余談

タイガーがのドライバーショットが、たまに右にすっぽ抜けるのって、「振り遅れ」ではないと思うんですよね。

トップが浅いの原因だと考えております。振り遅れとは逆の現象だと思います。
まれにトップが浅くなった時に、手が早く下りてきてしまい、いつもより体が右を向いているタイミングでインパクトしてしまって、右に飛んでるようなような気がしております・・
タイミングが早くて動きが窮屈な状態で打つと、「ものすごいミスショットになる」と瞬間的に判断して、クラブから手を離したりしてるんでしょうかね〜?
(いずれにせよすごい技術ですね)

****

防球ネットのコストが高いという話の続きなんですけど、ネットって、納品先のインドアゴルフ施設に特化したオーダーメイドだから高いんですね。家のカーテンも、ちゃんとしたのを頼むと高いですもんね。

高いのは高いんですけど、だんだん金銭感覚が麻痺してきております(笑)。
例えば、クルマのオプションをつけるのに、5万、10万を高く思わなくなるような感覚です。
やばいやばいw、気を引き締めていきます!!!w

 

振り遅れの続きです