安心の定額料金でレッスン受け放題。杉並区高円寺南口徒歩1分(焼鳥大将さんの隣り(南)のビル3階)。南口駅前ローターリーすぐ横のインドアゴルフスクール
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2013年11月

月別アーカイブ: 2013年11月

スイングは、イメージだけではなく実際に直線である

プロコーチ中井学氏の著書『スイングイメージは直線』からパクったタイトルでございますw(すみません) ゴルフスイングは円運動をしていますので、正面から見れば、当然振り子のようにクラブが動いておりますが、一応、念のために以下 …

ゴルフで「肩を水平に回す」とは、誰がどういう目的で言い始めたのだろうか?

■概要 ゴルフスイングで肩を回す時に、「水平に回す」という人と、「背骨に垂直に回す」という人に分かれます。 「水平」を、「平行」かなにかと勘違いしているとしか思えないんですけど、意識的に水平に回すというのは、ありえないと …

テークバックは、どこから始動すればよいのか?

ゴルフ関係者の間で意見がわかれる話として、テークバックの始動をあげてみます。 結論としては、肩から動かすのが良いのではないかと考えております。 (肩の回転でクラブを動かし始めて、シャフトプレーン(正確にはグラビティプレー …

なんちゃってスイングプレーンが増殖している背景

 ■スイングプレーンの現状整理 ベンホーガンがスイングプレーンを提唱して以来、ゴルフスイングに科学(理論)が導入されたといっても良いかと思います。 当初のスイングプレーンは、「肩にガラスの板を乗せて、その板を上につきやぶ …

手打ちか、ボディターンか?

■使える筋肉は全部使えばいい ゴルフ界で、意見が割れている理論について整理しようと思います。 まずは、スイングは手打ちがよいのか?、あるいは、ボディターンが良いのか?という話です。 (ボディターンというのは、ボディスイン …

ゴルフ業界で、見解が一致している10種類のスイング理論 +2

ゴルフスイングは、ゴルファーの数だけ「理論」が存在するような状況です。 「手で打つべき/ボディスイングがよい、右手で打つべき/左手で打つべき、体重移動しろ/体重移動は不要 等々・・・」 星の数ほどあるゴルフ理論の中で、誰 …

シャフトのしなり戻り

■シャフトがしなり戻れば良いという風潮 ゴルフ界で見解の相違がみられないシリーズの最後は、最近やたらと耳にする「シャフトのしなり戻り」についてです。 「飛ばすための絶対条件」みたいな扱いになっていて、ちょっと鬱陶しいです …

シャローとスティープ

■シャローに関する誤解 ゴルフのコーチがよく言う用語に、シャロー(シャロースイング)という単語があります。 英語だと「Shallow(浅い)」と書いて(たぶんw)、「ダウンスイング(インパクト直前)のヘッド軌道がゆるやか …

レイドオフ

レイドオフが導入させた経緯 ゴルフ界で異論が出ないシリーズ、レイドオフです(Laid off)。 直訳するとw、レイドは「lay(置く)」の過去分詞で、「横に外れている」という意味になります。 トップオブスイングで、飛球 …

ハンドファースト

ゴルフ界で、見解の相違が見られない技術にハンドファーストがあります。 ハンドファーストとは、手がクラブヘッドよりも先行してインパクトする打ち方です(体の正面から見た場合に、手がヘッドよりも飛球線前方(正面から見て向かって …

Page 1 / 3123
Copyright © 高円寺駅前ゴルフスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.