安心の定額料金でレッスン受け放題。杉並区高円寺南口徒歩1分(焼鳥大将さんの隣り(南)のビル3階)。南口駅前ローターリーすぐ横のインドアゴルフスクール
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • エプソン M-Tracer

タグ : エプソン M-Tracer

M-Tracer 当スクールの傾向値

M-Tracerで測定したデータの傾向をご紹介いたします。当スクールには、初級者さんからベテランのかた、男女様々なかたがいらっしゃるので、アマチュアのかたの一般的なデータの傾向に、ある程度そくしているのではないかと思いま …

M-Tracer 測定時の注意点

M-Tracerを使用するときには、1球ごとに、スクエアな状態を初期設定(キャリブレーション?)をする必要があります(数秒程度ですが)。 初期設定は、クラブをハンドファーストにせずに、飛球線に対して垂直にセットする仕様と …

M-Tracer ナチュラルアンコック3

イボミさんのナチュラルアンコックの画像をみているとほれぼれします。 アマチュアのかたがナチュラルアンコックを良くするにはどうすれば良いのか・・? なかなか簡単にはいきません。。 まずは、ナチュラルアンコックの定義をしっか …

M-Tracer ナチュラルアンコック2

ナチュラルアンコックは、ダウンスイングにおけるグリップスピードの減少率を表したものです。 上図のイボミさんのグラフを見ると、グリップスピードが最大のところからインパクトまでに、43.4%落ちていることが分かります。 一般 …

M-Tracer ナチュラルアンコック

エムトレーサーでは、ナチュラルアンコックというデータを測定できます。 トップからインパクトにかけて、グリップスピードの変化を数値化しております。 トンカチでクギをうつときに、手元側のスピードが遅くなると、逆にヘッド(トン …

M-Tracer フェースをスクエアに戻しても、フェースオープンでスライス??

アドレスでフェースを0度にセットして、インパクトでフェースを0度に戻したとしてもスライスがでてしまう場合があります。 ↑この画像だと、インパクトのフェース角が20度ぐらい開いており、スクエアに戻っていませんが、一番上の画 …

M-Tracer フェースが開いているのにフェースクローズ??

アベレージプレーヤーのフェースローテーションをエムトレーサーで見ると、 ・トップのフェース角が大きく、 ・ダウンスイングにはいってもフェースが閉じられず、 ・インパクトでフェースが開いたままになっているケースが多いです。 …

M-Tracer テークバックのグリップエンドとヘッド軌道

いまどきのヘッドが大きいクラブは、テークバックでフェースを開きすぎると、ダウンスイングで閉じるのが難しくなります(慣性モーメントが大きいからです)。 一応の基準として、トップにおけるフェース角の開き具合は50度ぐらいが上 …

M-Tracer フェース角の推移(ローテーション)

エムトレーサーを使うと、スイング中のフェースローテーションの推移(角度)が測定ができます。 いまどきのゴルフクラブはヘッドが大きいので(慣性モーメントが大きいので)、トップでフェースローテーションが大きくなってしまうと( …

M-Tracer ダウンブロー(アタック角)

エプソン M-Tracerは、インパクト前後のクラブの動きを真横から確認することができます。 いわゆる、ダウンブローやアッパーブローが分かります。 ダウンブローというと、上級者向けの技術と思われますが、意外と初心者さんで …

Page 1 / 212
Copyright © 高円寺駅前ゴルフスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.