安心の定額料金でレッスン受け放題。杉並区高円寺南口徒歩1分(焼鳥大将さんの隣り(南)のビル3階)。南口駅前ローターリーすぐ横のインドアゴルフスクール
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • ゴルフデータ革命「Strokes Gained(稼いだ打数)」

タグ : ゴルフデータ革命「Strokes Gained(稼いだ打数)」

100切りを目指すための基準値一覧(「ゴルフデータ革命」まとめ)

100切りを目指すために目標とする基準値は、結論から言うと、以下の通りでございます。 ・無理にパーを狙わずに、ボギーオンの回数をKPIにする(ボギーオン9.5回が目標)。 ・100ヤード以上のショットの精度を上げる。 ( …

100切りを目指すために優先して習得するべきスキルは??

結論から言うと、アベレージ110と、アベレージ100の人とのあいだで、スコアの差(10打)の違いがどこで生じるかというと、以下のような平均的な内訳となります。 ・ドライバーによるティーショット 3.4打 ・100ヤード以 …

ドライバーの平均飛距離が20ヤード伸びると2.3打スコアアップする(アベレージ100レベルの場合)

「ドライバー・イズ・ショー、パット・イズ・マネー」という有名なゴルフの格言がありますが、ドライバーの飛距離が伸びると、どれぐらいスコアが良くなるのか(Strokes Gained するのか)、「ゴルフデータ革命」に答えが …

「稼いだ打数(Strokes Gained)」とは

アメリカの大学教授さんが、アマチュアゴルファーの数十万のショットとパットを手作業でしらべて、そのデータにPGAツアーが10年以上の全ショットを集計したデータとあわせて、「稼いだ打数(Strokes Gained)」という …

どのくらいの距離のパット練習をすれば良いのか? (1.2メートル)

結論から言うと、アマチュアがパット練習をするさいの効果的な距離は4フィート(約1.2メートル)だそうです。上級者と初級者のスキルの差が顕著に現れる距離で、練習時間に対するスコアへの貢献が高い距離となるからです。 ゴルフ …

パット数を減らすためにはショートを減らす(カップに届かせる)

Never up never in(カップにボールが届かなければ絶対に入らない)と分かっていても、オーバーすれば3パットのリスクもあるし、なかなか難しいところです。 そうはいっても、アマチュアはプロに比べると、パットをシ …

パット数は、パー72の半分36をしめるから、練習時間の半分はパットの練習をするべきなのか??

18ホールのパーを合計すると通常72になりますが、そのうちの半分をパット数がしめます(36)。 パー4のホールならば、ショット2打でグリーンに乗せて、2パットでホールアウトするのが標準的なラウンドの仕方です。パー3なら1 …

Copyright © 高円寺駅前ゴルフスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.