構え方1 股関節と骨盤の使い方【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフはボールが地面の上にあり、かなり打ちにくい体勢をとる必要があります。

予備知識ゼロの方だと、背中を丸めてクラブを地面につけてしまいがちですが、それだと背骨の軸が歪んでしまいますので、あまりお勧めできません。

まずは、普段通りにまっすぐ立って、頭がなるべく動かないように、背骨を軸に体を左右に回してください。

その上半身の形をキープしたまま、ボールに向かって構えることが大切です。

足と骨盤がつながっている関節(股関節)から体を曲げることにより、上半身の形を変えずに、(背中が丸まらずに)前傾します。

ゴルフの構えなんて簡単な気がしますが、股関節を意識することとか、日常生活ではあまりないので、意外と難しいです。

ちょっとした体操をすることで、股関節を自由に使えるようになってください。

若干見た目がへんてこですけれどもw、骨盤を前後に動かして、オナラがお腹の方から出るかたち、オナラが背中の方から出るかたちに、骨盤を前後に動かしてください。

ぜひ、股関節と骨盤を正しく使った構え方を身につけてください。

詳しくは、動画をご覧ください。