構え方2 まずはクラブを持たずに練習【ゴルフ超基礎の基礎】

構える時のポイントは、上半身の形を、普段通り形ににキープしたまま前傾することです(背中が丸まらないようにします)。

上半身を前傾したら足を左右に開きます。

ボールの真っ正面に立ち、靴一足分ずつぐらい、脚幅を左右に広げてください。

徐々に慣れてきたら、飛ばしたい飛距離により、スタンス幅を広くしていくこともあります。

前傾して、足を左右に開いて、膝を曲げて微調整します膝を曲げた時に、背中が起き上がらないように気をつけてください。

ゴルフは左右の手をずらしてクラブを持ちます。

右手が体から離れた状態でグリップします。

デフォルトで、右肩が下がる形に構えることになりますが、よくないのが、肩の高さがズレた状態を直そうとして、右腰を上げるように構えてしまうことです。

そうではなくて、右肩と右腰は若干低い状態にしたまま、骨盤をわずかに左にずらすことで、身体全体のバランスをとります。

骨盤を左にずらし、背骨をほんの少し右に傾けます。

上半身全体が右に少し傾くことにより、手の位置が左側にずれます。

左足の付け根近くに手の位置をセットします。

詳しくは、動画をご覧ください。