構え方3 クラブを持ってセットアップ(ステイビハインドザボール)【ゴルフ超基礎の基礎】

クラブを持って構える時には、脇をしめる必要があります。

腕に力を入れる必要はありませんが、剣道のお面のように、腕とクラブを上からおろしてきて、腕の骨が肋骨で止まるような形にします。

その時に、手とおへその間にゲンコツ1つぐらいの空間ができます。

ゲンコツ1つの空間をキープしたまま、上半身を前傾して、クラブを地面に近づけていきます。

膝で微調整して、クラブをボールの真後ろにセットします。

クラブは、右手を遠くに持ちますので、右肩が低い形になります。

身体全体のバランスを整えるために、骨盤を左に2センチほどずらして、背骨を右に傾けます。

構える時には、最初はボールの真っ正面に立ち、鼻の延長線上にボールがきます。

そして、背骨を右に傾けることにより、ボールの位置が、左目や左耳の延長線上になります。

この形のことを、ステイビハインドザボールと呼びます。

詳しくは、動画をご覧ください。