構え方4 まとめ・復習【ゴルフ超基礎の基礎】

構え方についてのまとめでございます。

クラブを剣道のお面のように上からおろして脇をしめます。

ボールの真っ正面に立ち、鼻の延長線上にボールがきます。

股関節から上半身を前傾します。

お尻の穴が後ろ(背中の方)を向くようにして、オナラが背中から出るような体勢にします。

飛球線後方から見て、つま先の延長線上に、肩のラインがくるようにしてください。

膝で高さの微調整をします。

クラブを持つ時に、右手を遠くを持ちますので、少しだけ右肩が下がるのが自然な形です。

右肩と右腰をほんの少し下げて、骨盤を左に2センチぐらいずらします。

正面から見ると、背骨がすこし右に傾きます。

背骨が右に傾くことにより、手の位置が左足の付け根にきます。

手の位置がボールよりも左足の付け根の方にきますので、正面から見ると、シャフトを斜めに構えるのが正しい状態です。

詳しくは、動画をご覧ください