ボール位置3 (補足)厳密?なボール位置とは① 右足の位置を変えることで、ボール位置が相対的に左右に変わる【ゴルフ超基礎の基礎】

ボールを遠くに飛ばすためには、できるだけ速いスピードで、ボールにインパクトする必要がありますが、クラブを速く振るためには、重心を左右に動かせると有利です。
(もちろん、軸がぶれてしまったら元も子もありませんが・・)

重心を左右に大きく動かすためには、足のスタンス幅を広げるのが一般的な考え方です。

標準的な7番アイアンのボール位置は、左右の足の真ん中ですが、クラブが長くなるにつれて、スタンス幅を広げていきます。

やりかたとしては、左足の位置は変えずに、右足を右にずらしていくのが基本的な考え方です。

標準の7番アイアンのボールの位置が左右の真ん中なのに対して、クラブが長くなると、相対的に、ボールの位置が自分から見て左側にきます。

ドライバーのボール位置は、左カカトの延長線上ぐらいまで左側にセットすることになります。

詳しくは動画をご覧ください。