ボール位置5(補足③)スタンスの向きを変えて、クラブ軌道を補正する。【ゴルフ超基礎の基礎】

アイアンとドライバーでは、地面の上のボールを打つのか、あるいは、空中にあるボールを打つかの違いがあります。

アイアンは、地面にクラブが触れるまでにボールにインパクトする必要があり、クラブの円軌道が頂点(最下点)をむかえる前に打撃します。

円軌道の頂点の手前で打つと、ボールが右に発射します(円弧が右を向いているためです)。

発射角をまっすぐにするためには、スイングを変えずに、身体を左に向けます。

身体が左を向くと、ボールの位置が、自分から見て、デフォルトの位置よりも右側に見えます。

ドライバーは、デフォルトでボールが左に発射するため(円軌道が最下点を通過したのちにインパクトするためです)、身体を右に向けて発射角を調整します。
身体が右を向くと、ボールの位置が、自分から見て、左側にあるように見えます。

左足のスタンスを変えずに、クラブによって、身体の向きを左右にかえることで、ボールの位置もかわってきます。

詳しくは動画をご参照ください。