ボール位置6まとめ【ゴルフ超基礎の基礎】

ボールの位置を決めるための方法は、2つあります。

1点目は、遠くに飛ばすクラブ(ドライバー等)ほど、スタンス幅を広げます。

原則として、左足うぃ動かさずに、右足を広げていきます。

2点目は、アイアンとドライバーで、クラブの円軌道の最下点が違うため、ボールの左右の発射角が異なります。

左右の角度を調整するために、身体の向きを変える必要があります。

身体の向きを左右に変えると、ボールの位置が、自分からみて、アイアンだと右側に見えて、ドライバーだと左側に見えます。

上記、スタンス幅と身体の向きを調整するのは、初心者さんにはなかなか難しいので、まずは簡易的な方法でボールを位置を決めてください。

7番アイアン等は、ボールを左右の真ん中に置きます。

クラブが長くなるにつれて、スタンス幅を広げ、ボール位置を左にしていきます。

一番長いドライバーのボール位置は、左カカトの延長線上ぐらいになります。

詳細は、動画をご覧ください。