スイング要素分解8 クラブをおヘソにつけて素振り【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフは、クラブを手で持っておりますので、ボールを遠くに飛ばしたいと思うと、誰もが最初は、手を右から左に高速で動かしたくなります。

最近のクラブは、昔と比べて軽いので、手だけで振っても、腕力のある男性の方でしたら、かなりの飛距離が出たりします。

ただ残念ながら、手先は器用なので、ちょっとしたプレッシャーに反応して、肝心なときに思うように動いてくれなくなりがちです。

ゴルフは、5ミリ、1センチの精度でボールを打つ必要がありますので、ちょっとした誤作動が命取りになります。

もちろん、手の筋肉も使いますが、基本の基本は、体の回転力を、クラブに伝えてボールを打ちます。

腕と体の関係をなるべくかえずに(腕と肩で作る三角形を崩さずに)、まずは、ゆっくり正確に素振りをしてみてください。

動きの詳細につきましては、動画をご覧ください。