ブックスイングドリル4 アームローテーションとは【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは、体の動きと、腕(手)の動きに分かれます。

腕や手首の関節は3次元的に可動します。

・手首を親指側におる(撓屈 とうくつ)、小指側におる(尺屈 しゃくつ)
・肘から先を外側にねじる(回外)、内側にねじる(回内)
・手首を手のひら側に曲げる(掌屈 しょうくつ)、甲側に曲げる(背屈 はいくつ)

腕を左右にねじることを、ゴルフ用語では、アームローテーションといいます。

野球やテニスの経験がある方にとってはなんてことはないのですが、球技にあまりなじみのない方にとっては、腕を左右にねじる動きというのは意外と難しいので、ぜひドリルで習得してください。

アームローテーションの動きを無意識にできるようになる前に、ボールをまっすぐ飛ばすことに意識が集中してしまうと、羽子板をするような手首ですくう動きが癖としてついてしまいがちです。

超地味な練習ではございますが、ご自宅でもできますので、ぜひブックスイングドリルに取り組んでみてください!