ブックスイングドリル5 ローテーションと肩と腰の同調【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングの難しいところは、ものすごいスピードで、一瞬の間に全身を動かさないといけないところです。まあ、どんなスポーツもそうだと思いますが 笑

ご自宅でできるブックスイングドリルですが、今回は、腕の回転(アームローテーション)と、体の回転を同調させる話です。

腕を左右にねじる動きにあわせて、
・まずは、肩(背骨 胸椎)のみを左右に回して、
・次に、肩と腰(骨盤)を左右に回します。

注意点としては、肩と腰の捻転差(ねんてんさ)をキープしながら体を左右に回します。

腕の回転と体の回転を同調させながら、インパクトのときに、正確に腕の角度を元の角度に戻してください。元のまっすぐの角度に戻さないと、ボールがまっすぐ飛びません。

ブックスイングドリルが正確にできない状況でボールを打っても、残念ながら、正しい動きができません。

ボールを打たなくても、いつでもどこでも練習できますので、ぜひブックスイングドリルに取り組んで、腕と体が、無意識に正しく動かせるようになってください!