ブックスイングドリル8 上回りと下回りスイングのアームローテーションの違い【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングの難所の1つに、腕を左右にねじって(回外、回内)、インパクトの瞬間にフェースをまっすぐにする工程があります。

ハイスピードカメラや各種計測器の進化等もあり、インパクトの直前直後の体や腕の動きが、昔よりも分かるようになってきました(まだ未解明な部分も多々あると思いますが)。

腕をいったん右にねじり、次に左にねじる途中にインパクトがあるわけですが、まっすぐボールを飛ばすためには、ものすごい精度を要求されますので、タイガーウッズや松山英樹さんレベルのトッププロでも、子供のころから毎日毎日朝から晩まで練習しております。それでもミスショットを打ってしまうのがゴルフです。。

最近は、腕をあまりねじらずにスイングする選手が増えてきました。

ただ、ねじり角がゼロの人はおりませんので、腕をねじりながらクラブを振って、正確にまっすぐにボールに当てる感覚を養う必要がありますので、まずは本を左右にねじって、腕の回転角度とフェース面がどこを向いているのかを体で覚えてください!