ヒッチハイクドリル3 腕を肩から動かしすぎない。手は下におろすだけ【ゴルフ超基礎の基礎】

スポーツで使う道具のなかで、ゴルフクラブは、とても長くてバランスが悪い作りになっております。

普通に考えると、右手の手のひらでボールを打つイメージでスイングをすれば、道具も、右手と同調して動くのが一般的だと思います(卓球等)。

ゴルフクラブは異常に長いので、残念なことに、普通に思っているのと逆の動きをしてしまうことが多々あります。

誰もがボールを1メートル(ヤード)でも遠くに飛ばそうと思って、右手を思い切り目標方向に高速で動かしたくなりますが、クラブの重心を中心に、先端(ヘッド)が逆方向に動いてしまうため、ヘッドスピードがあがりません。

むしろ、手(グリップ)のスピードを減速することによって、先端(ヘッド)のスピードを上げる必要があるのがゴルフの難しいところです。