ヒッチハイクドリ4 手は右腰におろす【ゴルフ超基礎の基礎】

トンカチでで釘を打つときには、誰に習うわけでもなく、手元(グリップ)のスピードを減速させて、先端(ヘッド)のスピードを上昇させます。

釘を打つときは、板などがあって、手元のスピードを落とさないと、手が板に激突してしまうからかもしれませんが 笑

止まってるボールを打つなんて、手を速く動かすだけと油断してかかるとw、意外とドツボにハマってしまいます。

腕とクラブが二重振り子の構造になっていて、ヌンチャクを扱うようなイメージが必要です。

最初はボールに当たる気がしないかもしれませんが、慣れの問題ですので頑張りましょう!