スウィッシュドリル

左手のドリル

肩と腰の回転、捻転差のキープ、アームローテーションと肘の曲げ伸ばし。

ブックスイングドリル、ハンガードリル、ヒッチハイクドリル等を行なってきましたが、無意識レベルで全身を同調して動かすことができるようになりましたでしょうか?

鏡などを見ながら、頭がなるべく動かないようにチェックしてみてください。

そして、ヒッチハイクドリルに似ているのですが、左手だけでクラブを逆さまに持って、ゴルフスイングの動きをします(ヒッチハイクドリルと同じ動きです)。

クラブがびゅんと音がなっていることを確認してください。

右手のドリル

ゴルフクラブを逆さまに持ち、びゅんと音を鳴らして素振りをするスウィッシュドリルの右手バージョンです。

片手ずつ試していただき、人によって、右と左で得意不得意がでると思いますので、苦手な方を重点的に練習してください。

頭が動かないようにしながら、背骨の軸がぶれぶれにならないように、クラブできれいな円(プレーン)を描いてください。

両手のドリル

クラブを逆さまに持ってびゅんと音を鳴らすドリル、スウィッシュドリルを両手でおこないます。

逆さまに持つと当然のことながらクラブが軽く感じられて、小手先だけでスイングしがちです。手先でちょこちょこ振っても練習になりませんので、クラブが軽くても、しっかり肩と腰を回して練習してください。

いわゆる手打ちでまっすぐボールが飛ばすスイングを体が覚えてしまうと、あとから体の回転を加えると、まっすぐに飛ばなくなることが多いです。

ぜひ、土台(体の回転)がまっすぐの家(スイング)を身につていってください!

土台が斜めになっているのを、後から気がついて直すのは、最初に1から作るよりも時間がかかってしまいます。

地味な練習ですけど、正しい動きを体で覚えてください!