ヘッドコントロールドリル6体の動きは 回転 側屈 伸展【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは円運動なので、円の中心がなるべく動かないようにすることが大切です。

仮に、円の中心(スイングセンター)がずれた状態でスイングをしたら、中心がずれた分だけ、腕や体のどこかの関節に余計な操作を加えて、ボールにインパクトしなければならなくなります。

再現性をあげるためには、余分な動きをできるだけなくす必要があります。首の付け根はスイングの中心、原点O(オー)といったところでしょうか? スイングセンターが動かないように練習してください。

ゴルフスイングが難しいのは、スイングの軌道が斜めになっている点が大きいと思います。斜めの状態でもスイングセンターが動かないように、体を3次元的に動かしてください。①左右に回転、②横に側屈、③前後に伸展屈曲する3軸があります。

動画を取りながら動きを確認していただくと良いのですが、まずは、鏡を見ながら、軸がぶれずに体を動かせているかどうか? ぜひチェックしてみてください!