まっすぐ飛ばす三原則② スイングセンターとインサイドインで、おおよそボールはまっすぐ飛びます【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは、クラブを丸く振ることによって(円運動で)ボールを飛ばします。もちろん細かく色々なスキルが組み合わさっております。客観的に見ると丸く見えますが、本人的には直線的に振っている部分もあったりします。

円運動はコンパスのように、中心を動かさないことがまずは大切です。

ゴルフでいうとスイングセンター。首の付け根が、構えたときからインパクトまで動かないようにするのが3原則のうちの1つ目です。

2つ目の原則はインサイドイン。

スイング中に、自分が大きなフラフープの中に入ってるようなイメージで、きれいな円を描きます。

インパクトの前後で、クラブが内側(イン)からボールに向かっていき、インパクトした後に内側(イン)に抜けていくのが理想です(インサイドイン)。

円運動をしているのでインからインに抜けるなんて当たり前に聞こえると思いますが、ものすごく精密な角度のイン-インが必要となります。

具体的には、左右それぞれ5度ぐらいしか誤差がゆるされません。それ以上軌道がズレていると、林の中や谷底にボールが飛んでいってしまいます・・・

次回は、3つ目の原則、スクエアフェースでございます。