まっすぐ飛ばす三原則④ 百発百中まっすぐ飛ばす3原則。スイングセンター(回転、側屈、伸展)【ゴルフ超基礎の基礎】

ボールをまっすぐ飛ばす3原則。
・スイングセンター(首の付け根を動かさず)、
・インサイドインのスイングプレーンでヘッドを動かし、
・スクエアフェース(飛球線に垂直に)ボールを打ちます。

細かくいうと、ボールがクラブヘッドの真ん中(芯)に当たらないとまっすぐ飛ばないのですが、、、今回は割愛します。

スイングセンター(首の付け根)がズレないようにするためには、人間の体は3次元に動きますので、
・左右の回転
・横方向の側屈
・背骨を前後(つま先側・カカト側)傾けます。

特にテークバックからトップにかけて、背骨(胸)をそらすような形をつくると、厳密にスイングセンターの位置をキープすることができます。胸をそらして、ダウンスイングで逆に縮めると、上から下方向への力が加わり飛距離が伸びる効果もあります。