まっすぐ飛ばす三原則⑤ スイングプレーン(シャフトプレーン、ホーガンプレーン)【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは大まかに言うと、大きな丸い円を描くようにクラブを振ります。

コンパスでいうと、針が、首の付け根(スイングセンター)にあたります。

超初心者さんのころは、余計な力が入っていないのか、意外といっては失礼ですけれども、きれいな円を描ける人が多いです。

多少ゴルフになれてきて、「いっちょボールをぶっ飛ばしてやろう!」などと思って力が入ると、ぐだぐだな円になってしまいがちです・・

野球のバッティングを思い出していただくと、スイング中に、腕やクラブの通り道として力が入りやすいのは、胴体のあたりをクラブが横切るときです。

野球でバットを首より上で振ったら、ドカベンの岩城か新庄選手ぐらいしかヒットにできません。

しかしゴルフになると、クラブはバットより軽いからか、力が入りまくって、クラブを首より上に通してしまう方が多いです(おそらく無意識的に)。

初心者さんの目安としては、
・構えたときのクラブ(シャフト)の線よりも上(シャフトプレーン)、
・ボールと肩を結んだ線(ホーガンプレーン)の間を、
クラブや腕が通るように練習してください。

2つの線の間の三角形の部分をクラブを通すことができれば、おおよそ丸い円軌道を描いていることになります。

スイングセンター(首の付け根)が動かずに、スイングプレーン上をクラブが動きながら、フェースがボールに垂直にインパクトできれば、ボールはまっすぐ打ち出されます。

スイングプレーン(ガラスの板)を提唱した、史上最高のボールストライカー、ベンホーガンさん。