コック⑥ なぜプロは深いタメを作れるのか? 左手首を背屈しているから【ゴルフ超基礎の基礎】

手首の関節は、
・左手首を甲側に背屈すると、親指側に曲げやすくなり(コックしやすくなり)、
・左手首を手のひら側に掌屈すると、コックが難しくなります。

インパクト直前までコック(タメ)をキープしてリリースできると、最大のヘッドスピードが得られますが、左手首を背屈したままインパクトをむかえると、フェースが右に開いてスライスがでやすくなります。

一昔前までのトッププロは、トップからダウンスイングの途中まで左手首を甲側に背屈して、限界までコック(タメ)をキープし、インパクト直前で、左手首を手のひら側の掌屈に切り替えていました。

最近のトッププロは、左手首をあまり背屈せずに、掌屈のままシャットでスイングをする選手が増えてきました。

その分、体を鍛えているのでしょうが、一般のアマチュアの方は、まずは左手首をまっすぐな状態ぐらいでトップを作り(背屈も掌屈もしないフラットな手首の状態)、ダウンスイングから掌屈することで、フェースを閉じて、つかまったボールを打つようにされると良いと思います。