コック⑦ コックをキープするには、まずはグリップの確認から。縦コック、横コックとは?(撓屈、背屈の違い)【ゴルフ超基礎の基礎】

飛距離アップするためには、コック(タメ)とリリースが、最大といっても良いぐらいの動きになります。

トンカチで釘を打つ腕の使い方と同じなので、簡単そうに思えますが、自己流で正しくできる方は、残念ながらあまりいらっしゃいません。よくて10%ぐらいの割合です。

退屈だと思いますけど、まずはグリップから確認されると良いと思います。

油断すると、クラブを上から押さえつけるグリップが、おろそかになりがちです。

グリップを、手のひらの肉でしっかり上からおさえてください。

コックの話題になると、最近、縦コック、横コックという用語がでてきます。

縦コックは、手首を親指側に曲げる動き(撓屈 とうくつ、尺屈 しゃっくつ)、横コックは、主に右手を甲側にまげる動きです(背屈)。

横コックは、ヒンジとも言います。

右手の手首を甲側に背屈し、右肘を曲げることで、テークバックでクラブの位置が高くなります。

鏡や動画をとって、スイングプレーン上をクラブが動いているか確認しながら練習してください!