コック⑧ コックの練習ドリル。コックは、いつ どこで どれだけ入れれば良いのか? コックの基準【ゴルフ超基礎の基礎】

コックを入れるのは簡単そうですが、意外と難しいです。

ゴルフクラブはバランスが悪くて、先端が異常に重いので扱いにくく、また大人になってからゴルフを始めると、まっすぐボールを飛ばさないと恥ずかしいと思ってしまうのか、腕や手首をガチガチに固めて、クラブがぶれないようにしてボールを打つ方が多いです。

腕に必要以上の力が入ってしまうと、手首を柔らかく使うことができません。

ゴルフを初めて、しょっぱなのしょっぱなから、まっすぐ飛ばすことばかりに集中せずに、クラブを速く振るためには、どういう体の動きが必要なのかもご検討いただければ幸いです m(_ _)m

超地味な練習ですけど、まずはクラブを逆さまに持って、人差し指と手のひらだけで、コックとアンコックができるように練習してください。慣れたら、普通の向きにクラブを持って、同じように手首をキコキコしてみてください!

テークバックにおいて、コックを、いつどのタイミングで、どれくらい入れたら良いのか?という点に関しましては、結論からいうと個人差があります。

テークバックを始めた直後にコックが完了する人もいるし(アーリーコック)、トップまでノーコックのトッププロもいらっしゃいます。ただノーコックの方も、切り返しからダウンスイングではコックが入ります。

ご自分のリズムやタイミングに合うやりかたを徐々に見つけていかれると良いとは思いますが、まずは、一般的な基準がありますので、それをお手本にされることをおすすめいたします。

テークバック時に、時計盤でいうと、
・左腕が8時にきたときに、シャフトが水平になる角度、
・9時にきたときに、シャフトが地面と垂直になる角度が目安になります。