コック⑨ コックの練習ドリル。ポンプドリル。クラブを上げたり下げたり、ダウンスイングの反復練習をする【ゴルフ超基礎の基礎】

コックをキープするための練習方法として、ポンプドリルがあります。

トップからハーフダウンのポジションを何回か往復して、コック(タメ)を右のポケットあたりまでキープする練習です。

ゴルフを始めて、手でボールを引っぱたくような、コック(タメ)が少ないスイングを体が覚えてしまうと、あとから正しいスイングに修正するのは、ものすごくたいへんです。

ダウンスイングは、トップからインパクトにかけて0.3秒ぐらいしかなく、反射的な筋肉の動きなので、一度体が動きを覚えてしまうと、なかなか変わりません。

いままでコックが少なめでもそれなりに打てていた人が、正しいスイングに修正すると、たいていしばらくまともにボールに当たらない期間ができてしまうため、ゴルフが楽しくなてく修正をやめてしまい、また元のスイングに戻ってしまう方がとても多いです・・

コックの技術は、ゴルフスイングにおける必修項目になりますので、とても難しいスキルですが、1年ぐらい時間をかける覚悟で、じっくり習得していただれけばと存じます。