水平素振り③ 北半球と南半球にスイングを分けて考える【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは、クラブで大きな円を描きますが、その際に、スイングセンター(頭、首の付け根)を動かさずに、スイングプレーンをきれいに作ると、精度の高いショットを打つことができます。

ただ、大きな円を描く際に、手だけで小さな円を作っても、全身の筋肉が使えませんので、あまり効率がよくありません。

スイングは、体と腕の動きに分かれますが、おのおのメインとなる場所が異なります。

インパクトの直前直後、シャフトが水平から水平になるぐらいの位置では、腕はあまり使わずに、体の回転を主に使います。

インパクト前後で手を使いすぎると、フェースの向きが安定しなくなります。

しかし、体を回すだけだとスピードがでませんので、スイングの上半分(北半球)では、腕を使います。

肘を曲げたり、コック・アンコック、アームローテーションなどを行います。