水平素振り⑤ ビジネスゾーン【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフスイングは、上(北半球)と下(南半球)で役割分担があります。

・上は、腕をねじったりして、力とスピードをためて、
・下のインパクトの直前直後は、体を回すことで、正確にボールを打ち抜きます。

いくらスピードがはやくても、ボールがまっすぐ飛ばないとゴルフになりません。

例えば、プロゴルファーで飯を食っていくには、正確性が命です。

インパクト直前直後、スイングでいうと、シャフトが水平から水平になるあたりが最重要ポイントです。

プロだけではなくて、もちろん趣味でゴルフをされる方にとっても、腰から腰あたりの、インパクトの直前直後が最重要となります。

ゴルフ業界では、この部分をビジネスゾーンと呼びますが、まずは、ビジネスゾーンの練習を重ねて、スイングの精度を上げていってください!