水平素振り⑥ アマチュアの多くは、グリップ軌道よりも、ヘッド軌道が上を通る。そのためスライスする【ゴルフ超基礎の基礎】

水平素振りの応用編として、ダウンスイング時のグリップとヘッドの軌道について、ご紹介させていただきます。

結論からいうと、飛球線後方から見て、
・ダウンスイング時のグリップ軌道とヘッド軌道は、
・グリップが上、ヘッドが下を通るのが正しい軌道です。

残念ながら、大多数のアマチュアの方は、逆の形(グリップが下、ヘッドが上)になってしまいます。

どうしても、打ち気にはやってしまって、切り返し直後から、ヘッドがボール方向に向かってしまい、ヘッドがグリップ軌道の上を通ってしまいます。

本来あるべきダウンスイングの軌道は、
・グリップが上から下に動き
・反対に、ヘッドが下から上に動きます。

また、
・グリップが爪先方向からカカト方向に動き
・逆に、ヘッドがカカト方向から爪先方向に動きます。

アマチュアの皆さんの多くは、
・ヘッドがいったん爪先側に出て、
・グリップにヘッドが引きよせられて、
・ヘッドが体の方に動き、
・かつ、フェースが開く方向にクラブが動いてしまいます。

動画もございますので、ぜひご参考になさってください。