二重振り子④ 押し引きドリル、スイングアーク【ゴルフ超基礎の基礎】

見てると簡単そうですけど、ご自分でやると難しいタメとリリース。

「ゴルフなんて、とまってるボールをぶったたくだけなんだから、右手を目標方向に速く動かせばいいんでしょ?」と、腕や手(1つ目の振り子)を加速してしまうと、
・慣性の法則により、ヘッドが置いてきぼりにされてヘッドスピードが上がらず、
・2重振り子はカオスなので、再現性が落ちてしまいます。

引き出しの棚を、右手で引いたり押したりするようなイメージで、クラブを押し引きします。

切り返しで、体と腕に時差(タメ)ができて、グリップエンドの方からボールに向かっていきます(ヘッドからボールに向かっていくのではありません)。

肩から先の腕を目標方向に動かすのではなくて、クラブを胸の前に放り出します(リリースします)。

体が目標方向に徐々に回っていきますので、胸の正面が、最初は爪先方向ですが、徐々に目標方向を向くことになります。

テークバックは、左肘を曲げずに、腕と肩で作る三角形を、なるべくつぶさないように右に回ります。

手の軌跡がなるべく体から遠いところを通します(スイングアークといいます)。

体の外向きに力を加えて、背筋(はいきん)を伸ばして力をためます。

下半身リードで腰が左に回ると、上半身と下半身との間に時差(ラグ)が発生し、いったん左腕が胸に近づきますが、遠心力によって、腕やクラブが胸の正面にリリースされます。