二重振り子⑥ グリップが上、ヘッドが下、慣性の法則によりフェースを閉じる【ゴルフ超基礎の基礎】

押し引きドリルのイメージでタメとリリースを行い、グリップエンド(小指)からボールに向かっていくと、初心者さんにありがちな問題が発生します。
結論からいうと、ボールがスライスします(右に曲がります)。

例えば、真っ直ぐ立って、水平に押し引きドリルをしているところを想像していただくと、グリップエンド(小指)からボールに向かっていくと、スクエアフェースでインパクトできません。

野球のバッティングは、構えたときの面の向きと、インパクトの向きが異なっていますが、もちろんバットは丸いのでそれでも問題ありません。

しかし、ゴルフはフェースの向きが決まっておりますので、スクエアにインパクトしないと、ボールがまっすぐに飛びません。

フェースをスクエアにするためには、ダウンスイングにおける、グリップとヘッドの位置関係(軌道)が大切です。

結論としては、グリップが上、ヘッドが下の状態で、トップからインパクトの直前(デリバリーボジション)までクラブを動かします。

クラブは、当然グリップで持っておりますが、グリップを引っ張った方向に、ヘッドが追いついてくるように動きます。

例えば、掃除機を引っ張ると、掃除機の本体が引っ張られた方向についてきて、引っ張る勢いが強いと、勢いのまま本体が反対側にゴロンと転がります。

この掃除機の動きを斜めに考えて、ゴルフスイングに当てはめると、グリップが上、ヘッドが下の位置関係でダウンスイングを行うと、フェースが閉じるようにクラブが動きます。