二重振り子⑦ 遠心力でフェースが閉じる。ゴルフクラブは、ボールがつかまるように設計されている。【ゴルフ超基礎の基礎】

ダウンスイングで小指(グリップエンド)の方からボールに向かっていくと、構えたときのフェース面と、インパクト時のフェース面にズレが生じてしまい、そのまま打つとスライスしてしまいます。

しかし、ダウンスイングで「グリップが上、ヘッドが下」の位置関係でクラブを降ろしてくると、ヘッドがボール方向に向かっていき、フェースが閉じる動きをします。

押し引きドリルのイメージで、仮に真っ直ぐ立ってスイングするならば、クラブを水平方向にスイングすることになりますが、前傾した状態で、水平に振っているのと同じイメージで(体と腕とクラブの位置関係を維持したまま)スイングすると、クラブに対して爪先方向に遠心力が発生します。

遠心分離機や脱水機の中に入っていることを想像していただければ分かるかと思いますが、遠心力が働くと、重い部分が円軌道の外側に押し出されていきます。

クラブもヘッドが重いので、スイングプレーン(クラブパス)の外側に押し出される力が生じます。

ゴルフクラブは、一般的に、自分から見て右側が重く作られております。

クラブの右側の重い部分が遠心力で外側に押し出されると、フェースが閉じる向きにシャフトがしなります。

すなわち、
・「グリップが上、ヘッドが下」の関係で作られた、フェースが閉じる方向の力(慣性力)と、
・スイング中の遠心力により、フェースが閉じて、スライスせずにボールを打つことが可能となります。