ハーフショット② ハーフショットの必要性 【ゴルフ超基礎の基礎】

インパクトの瞬間に、MAXのクラブスピード、かつ、フェースが目標方向にまっすぐあたれば、百発百中でナイスショットが打てますが、インパクトを点でとらえてしまうと、なかなか再現性があがりません。

腰から腰ぐらいのスイング、シャフトが水平から水平の南半球を通るあたりをビジネスゾーンといいますが、ビジネスゾーンのストロークの安定性を高めることが大切です。ビジネスゾーンのスイングプレーンが不安定だと、正確なインパクトが実現しません。

一番大切なビジネスゾーンのスイング、すなわちハーフショットが安定すると、スイングの再現性が高まります。

逆に、ビジネスゾーンのスイングが固まっていない段階で、フルショットを打っても、ボールがまっすぐ飛ぶ確率が低いです。

そして、フルショットがある程度完成したあとは、アプローチショットのレベルアップが必要となります。ハーフショットの練習は地味な練習ですが、アプローチショットに直結しますので、ぜひ取り組んでみてください!