ハーフショット③ 1重振り子と2重振り子。まずは1重振り子のハーフショットの練習をしましょう 【ゴルフ超基礎の基礎】

ゴルフは、腕とクラブを二本の振り子にみたてて、二重振り子スイングを行う必要があります。

二重振り子状態でスイングした方がヘッドスピードが上がり(飛距離が伸び)、スクエアフェースも作りやすくなります(真っすぐ飛びやすくなります)。

ただ、最初から二重振り子でスイングするのは難しいので、まずは1重振り子のハーフショットを練習してみてください。

1重振り子というのは、腕とクラブを一体とした大きな1つの振り子を左右に振っているイメージです。

1重振り子の練習に慣れてくると、徐々に飛ばしたいと思って、誰しも手のスピードを速くしがちです(そうすると飛ぶような気がするからです)。二重振り子は、1つ目の振り子を減速させないと、2つ目の振り子のスピードがあがりません。

手(腕、1目の振り子)のスピードを減速させて、クラブ(2つ目の振り子)のスピードを上げるのがゴルフスイングの真髄となります。

最初はあまり難しく考えすぎずに、まずは、頭(スイングセンター)を動かさずに、きれいなスイングプレーンを描きながら、1重振り子でハーフショットの練習をしてみてください!