フルショット⑤(コースデビューにむけて)ラグを使って飛距離を伸ばす(タメ&リリース)。ステーショナリーヘッド、リズムとバランス。

ゴルフは、遠くにまっすぐボールを飛ばすスポーツです。

最初の最初は、ボールがある程度まっすぐ飛ばないと、どうにもなりませんので、ミート率重視で、手打ち気味に打っていただくことをおすすめします。頭を動かさないことを、ステーショナリーヘッドなどといいます。電車の駅(ステーション)が動かないといった意味です。

ただ、コース(ホール)は、思ってる以上に長いです。体のバランスがくずれない範囲で、徐々にスイングのスピードをあげていき、飛距離を伸ばしていってください。

飛距離アップするためには、体の回転や二重振り子感が必要となります。

左右の足で足ぶみをするようなイメージで、リズムよくヒザの曲げ伸ばしをしながら、上半身と下半身に捻転差をつくります。

下半身リードで、上半身が左にまわり、腕とクラブがあとから続いていきます。

飛距離アップをしようと思うと、体の動く箇所が増えて、スイングが安定しなくなってしまいますが、練習を重ねて、徐々に飛距離とミート率の向上をはかっていってください!

左腕とクラブで二重振り子を作り、手元とクラブヘッドの間にラグ(時差)作るのが飛距離アップのポイントでございます。