アプローチショット① 概要、基本的な考え方

ゴルフの目的は、ボールを遠くにまっすぐ飛ばして、最小のスコアで上がることです。

男性の方ですと、400ヤード( ≒ メートル)弱ぐらいの距離のグリーンまで2打で届かせて、2回パットを打って合計パー4で上がるのが標準的な形式になります。

1打目をドライバーで230ヤードぐらい飛ばして、2打目が例えば7番アイアンなどで130ヤード打ち、グリーンに乗せるのが理想ですけれども、普通はなかなか2回で乗せることができません。

世界のトッププロでも、パーオンと言いますが、3ホールに2ホールぐらいの割合でしか2回でグリーンに乗るせることができません。残りの1回はどうするかと言うと、アプローチショットを打ちます。

アプローチショットというのは、フルスイングではなくて、グリーン(ピングラッグ)にアプローチする(近づく)ためのショットになります。

ゴルフは、コースに14本のクラブを持ち込むことがルールで許されますが、一番短いクラブ(サンドウェッジ)でフルショットをすると、男性は80ヤードぐらいボールが飛びます。

グリーンまでの距離が例えば残り50ヤードの地点に来ているとしたならば、一番短いクラブでフルショットをしたらグリーンをオーバーしてしまいます。その時に、振り幅やスピードを調整して、「ちょうど50ヤードの距離を打たなければならない」というのがアプローチショットになります。

ゴルフは、テニスや野球などと違って、打つたびにクラブの種類が変わります。

長い飛距離を打つ時には長いクラブを持ち、短い距離を飛ばしたいときには短いクラブを持ちます。

同じスイングをしながら、クラブをかえて飛距離を調整することを大原則としていますが、クラブがかわると、持っている感覚が変わってしまうため、それぞれのクラブの練習が必要になる難しさがあります。

また、アプローチショットになると、フルスイングではなくて、「距離を自分でコントロールしなければならない」という別の難しさがございます。

どうやって飛距離をコントロールするのかというのは、経験と勘とセンスを養っていくしかないんですけれども、どんなふうに考えてアプローチショットを打っていくのかという話を次回以降続けていきます。