アプローチショット④ アプローチで使うクラブはパターを最初に検討する。

アプローチショットは、目標までの距離が近くて、短いクラブを使いますので、一見簡単に思えます。

フルショットと違い、全力で振りませんので、クラブに勢いがつきません。ゆっくり振ると、クラブがぶれてしまいがちです。

例えば、目標が10ヤードとすると、グリーンが間近に迫っているにも関わらず、ミスをして30センチぐらいしか飛ばないとメンタルもやられます (´・ω・`) ショボーン

アプローチを、サンドウェッジで打つことをお勧めしておりますが、注意していただきたい点として、サンドウェッジはロフトが寝ていることです。

フェースが平べったくて上を向いておりますので、インパクト時にクラブが上下にずれてしまうと、
・ボールの下をだるま落としのようにくぐってしまったり、
・トップしてグリーンをオーバーしてしまうようなリスクがあります。

アプローチをする時にまず考えていただきたいのは、なるべくロフトが立っているクラブで打てるかどうかです。

一般的に、一番ロフトが立っているクラブはパターになりますので、パターが最優先の選択肢となります。

ただ、ロフトが立っているとボールがふわっと浮きませんので、
・ボールとグリーンの間にバンカーがあったり、
・深いラフで草がボーボーになっていたりすると、
ボールを転がすことができませんので、その時には、次善策としてサンドウェッジを使っていただく手順になります。