アプローチショット⑥ アプローチは足で打つ

アプローチショットの基本の確認をします。まずはグリップです。

左腕をだらんと下げると、左手の親指が右足の方を向くと思います。

その左手の角度をキープしたままクラブを握ってください。

ヘッドが右足の前ぐらいにきます。それだとフェースが、目標方向に対して右を向いてしまいますので、フェース面を目標方向に向けて(フェース面の角度を優先して)、体の角度を飛球線に対して斜めにします。

アプローチショットはゆっくり振りますので、意外とクラブが誤作動をしてしまいます。

特に手先を使うと、手は器用すぎるために、スイングの再現性が落ちてしまいます。なるべく手を使わないようにするのがポイントです

手を動かさないようにして、体の形を変えてボールを打ちます。

最初は難しいと思いますが、慣れてくると、手先の小さい筋肉ではなくて、腰などの大きくてあまり神経が行き届いていない筋肉を使うことで、プレッシャーなどにも強くなり、再現性の高いアプローチショットが打てるようになります。