アプローチショット⑦ 竹ぼうき(竹箒)で掃除をするイメージで、ヘッドを低空飛行させる(右手が下、左手が上)

アプローチショットのポイントとしては、手の角度をあまり変えずに(フェースが右を向いたり左を向いたりしないように)、そーっとボールを運ぶようなイメージで打つことです。

右利きの方は右手が器用で、目標が目の前にあると、どうしても手先でちょこんとボールを右から左にはじくように打ってしまいがちです。

なるべく地面スレスレの低いところをヘッドが長く通るようなイメージにしたいです。

逆に、グリップエンドを支点にして、振り子のようにクラブを扇形に振ってしまうと、振り子の最下点の一点でしかボールとコンタクトできなくなってしまいます。

そうではなくて、竹ボウキで地面をはくように、ヘッドをなだらかに低空飛行させます。インパクトゾーンが長くなり、ミスヒットに強くなります。

右手が下、左手が上の状態をキープして、体と足を使い、手首の形をなるべく変えないように、ボールを運ぶように打ってみてください。