アプローチショット⑧ ワインをこぼさないように、右手の手のひらで運ぶイメージ。古武術における平行四辺形の原理、井桁崩し(いげたくずし)の活用

アプローチショットは、フェース面が、なるべく右を向いたり左を向いたりガタガタしないように、そーっと面が安定した状態でボールを運ぶように打つのがポイントです。

フルショットの時には、ドアノブを右に回したり左に回したりするようなアームローテーション、いわゆるベータトルクと言われる「腕を左右に回転する動き」が入ります。

腕を回転させた方がヘッドスピードが上がり最大飛距離が伸びますが、アプローチショットは遠くに飛ばす必要がありませんので、アームローテーションをあまりいれたくありません(いれるとフェース面が動いて再現性が落ちてしまいます)。

チェックポイントとしては、左手の親指と人差し指の間にワイングラスを挟んで、なるべく中のワインがこぼれないようにそーっと振ります。

もちろんヘッドがグリップより下についているので、どう振ってもワインはこぼれるのですが、アームローテーションを激しくいれてしまうと、すぐにワインが全部こぼれてしまいます。

なるべく「右手が下、左手が上」の形をキープしたまま、体の形を変えて、足でボールを運ぶように打ってください。

一昔前に流行った古武術(ナンバ走り等)をゴルフに当てはめると、腕とクラブで作る平行四辺形をイメージします。

平行四辺形がひっくり返らないように、アームローテーションをあまりいれずに、「右手が下、左手の上」の形をキープした状態で体を使います。

古武術の用語でいうと「井桁崩し(いげたくずし)」というそうですが、ご参考までにそのようなイメージも持っていただければと思います。