パター2パットの3要素。 まっすぐ打つ、距離感、グリーンを読む(傾斜と高低差)

パターの技術は3つの要素の分類されます。

・まっすぐ打つ
・距離感を合わせる
・グリーンを読む(傾斜・高低差)

まっすぐ打つためには、ご自宅でもパターマットを敷いて練習できますので、ぜひこつこつ取り組んでいただければと思います。

距離感は、コースに行かないとなかなか練習する機会がありませんので、ラウンドする際には、できるだけ練習グリーンでボールを転がして、ご自身の距離感を体で覚えていってください。

グリーンを読む。これが最大の課題です。

残念ながら、いまのところ人類は、グリーンを正確に読む技術をもっておりません。

勘と経験の世界になってしまいますので、仮説と検証、PDCAサイクルを回しながら、徐々にグルーンを読めるようになっていってください。