パター4 パターの打ち方、グリップ

パターのボールの位置は、左目の真下になります。

ボールが転がるラインと両目のラインを一致させると、左右の打ち出し角の精度があがります。

ボールを真ん中(鼻の前)の置かずに、左目の真下に置く理由は、ボールをアッパー軌道で打ちたいからです。

グリーンは天然芝でできており、ボールが微妙に沈んでいるため、水平に打つと芝の抵抗が大きくなってしまいます。打ち出してから5センチから10センチ程度、空中をボールが飛球するように打ちます(上から見ても飛んでるようには見えない高さですが)。

鼻の真下が、パターの振り子運動の最下点になり、パターヘッドがわずかに上昇軌道になったところでインパクトすることで、転がりの良いボールを打つことができます。

パターのストローク中に動かす箇所は肩だけです。左右の腹筋(腹斜筋)を使って、背骨を左右に回します。鎖骨を上下に上げ下げするようなイメージです。

手首や足は1ミリも動かしません。

手首を動かさないために、おまじない的な意味が大きいと思うのですが、アイアンを打つときなどと違うグリップにすることが多いです。

いつもと同じにグリップにしてしまうと、いつもと同じようなイメージで全身を使って打ってしまいかねないからです。

左手の人差し指を、右手の小指に乗せる、逆(リバース)オーバーラッピンググリップがパターの基本グリップとなります。