パター5 まっすぐ転がす3要素。フェース角、ヘッド軌道、打点

パターの3要素は、①まっすぐ転がす、②距離感、③グリーンを読むことに分類されます。

まっすぐ転がすためには、
・ライ角どおりにかまえて、
・シャフトから肘までを一直線にして、
・左目の真下にボールがくるように構えます。

まっすぐ転がすために一番影響が大きいのは、
・(当たり前ですけど)インパクト時のフェースの向きで、

・クラブ軌道と(アウトサイドイン、インサイドアウト、インサイドインなのか)、
・フェースのどこに当たったのか(打点)も影響します。

3メートルの距離のパットは、左右にそれぞれ1度ずつの誤差しか許されません。

プロでも3メートルのパットは40%の確率でしか入らず、それぐらいパターは難しい技術です。

バスケットボールの3点シュートが、3次元の約7メートルの距離で50%の確率で入るにも関わらず、パターはそれよりも入りません。

日々のつみかさねとなりますので、毎日10球でも、フェースがまっすぐにインパクトできるように練習してください!