パター8 仮想カップ、フォールラインとは?

グリーンでカップを狙う際に、ボールとカップとの高低差が、転がる距離にどれぐらい影響をあたえるのか? 平均的な速度のグリーンで(スティンプメーター8.5フィート)、高低差が1センチあると、転がる距離が10センチが変わります。

もちろん、マスターズの超高速グリーンでしたら、平均の2倍ぐらい転がります。

カップを狙うときは、仮想のカップを設定します。

例えば、高低差が2センチあるとしたら(ボールよりもカップが2センチ高い)、転がる距離が20センチ短くなります。本物のカップをいったん忘れて、20センチ先(遠くの)カップを仮想的に設定し、仮想カップを狙います。2センチ低ければ、逆に、20センチ手前に仮想カップをイメージします。

高低差の2センチが厳密に分かるのかというと、残念ながら正確には分かりません。。徐々に経験をつんで精度を上げていきます。

パターの最大の難所は、左右の曲がり幅をどのように決めるかです。

結論としては、人類は、左右の曲がり幅を厳密に認識測定することができておりません。

いまのところ、シミュレーションでグリーンの読み方を発表している方がおり、書籍などにもなっておりますので、ご参考になさってください。

最低限の基本事項として、フォールラインについてはイメージできるようにしてください。

仮に、グリーンに水をまいたとして、カップから水が流れていくラインのことをいいます(フォールライン)。

フォールラインを基準にして、他のプレーヤーのパットのラインを参考にしながら、
・フォールラインの右側から打つとボールがフックし、
・フォールラインの左側だとスライスする、等
徐々に曲がり幅をイメージできるようになっていってください!

・パットエイミング教本のホームページ
http://putt-aiming.sports.coocan.jp/

・転がりの科学
http://putting-golf.international-cooking.info/index.html