バンカー5 バンカー ワンポイントレッスン

バンカーショットは、慣れていないと、どうにもならなくなったりしますので、応急処置的な対処方法として、以下の内容をご参考になさってください。

バンカーショットはボールの手前をダフる必要がありますので、左足下がりの状況をつくるとダフりやすくなります。体が不安定にならないようにすることを目的として(必要以上に足場を作るのはルール違反です)、左足だけ深く砂にもぐらせてください。ダフリやすい体勢になると思います。

バンカーの壁(アゴ)が低ければ、パターで強引にボールの横をたたいて脱出できるかどうか確認してください。

バンカーショットはバンスを使って、砂とボールを運ぶように打ちますが、慣れていないと難しいです。難しいようでしたら、クラブをおもいきり砂にたたきつけることで、強引に砂を爆発させてボールを脱出させてください。クラブの先端(トゥ)から砂の中にもぐっていくようなイメージです。

どうしても脱出できない場合は、2打罰で、バンカーの外から打つことがルールで認められております。中嶋常幸さんという超トッププロのかたでさえ、全英オープンで、バンカーの脱出に4打もついやしたことがあります。アンプレヤブル宣言という救済措置がございますので(2打罰で外から打てる、1打罰で元の場所から打ち直し等)、ルールを有効活用して楽しくラウンドしてください!